<

コシイプレザービング

ホーム > 会社案内>基本理念

コシイプレザービングの考え方

心が中心の時代、いつも「人」を思う心を大切に考えています

時代は「量から質」へ、「物が中心から、人が中心」へと変わりました。
コシイプレザービングは常に人を思う心を大切にしています。

お客さまを思い、期待を上回るアウトプットを提供し続けるためには、社員ひとりひとりが想像力をいかんなく発揮し、互いの独創性を認め、そして共に進む体制を追求しています。
また、何をすべきか、何を選択してお客様や利用する方に提供するのかを考える時には、その製品やサービスが人に貢献し続けることを考えます。
一時の利益を得るためではなく、コシイプレザービングのネットワークに関わる人の心を大切にした経営を実践しています。

個人の主張を優先する体制、社会を優先する心

いつの時代でも発想やアイデアのはじまりは小さなものです。
しかし、時としてそれらは常識という大多数の意見や効率を優先させる考え方から見過ごされたり、先送りされたりします。

コシイプレザービングでは、人が集まって社会が成り立つという発想のもとに体制を整えています。
だから個人から発せられる声を何より大切にしているのです。
また、いくら利益をもたらすからといっても、社会的な道徳上で認められていないものであれば、それを優先することはありません。
個人の能力を存分に発揮できる体制と社会全体を思う心。
二つの指針を明確に打ち出すことは、コシイプレザービングの信頼の証しでもあるのです。

↑ページの先頭へ